龍郷町で認知症シンポ

認知症を支える地域づくりを考えたシンポジウム=38日、龍郷町

認知症を支える地域づくりを考えたシンポジウム=38日、龍郷町

 龍郷町地域包括支援センター主催のシンポジウム「『わきゃしまどぅくさネット』むんばなしのゆらい」が28日、同町のりゅうゆう館であった。地域、福祉施設、医療など認知症にかかわる多分野の人たちが登壇。高齢者が住み慣れた場所で生き生きと暮らせるよう、地域全体で支える体制づくりを考えた。
 認知症介護の第一人者で大牟田市のグループホームふぁみりえ施設長、大谷るみ子さんが講演した。