龍郷町で高齢者シンポジウム

250人が参加した「わきゃしまどぅくさネット・むんばなしのゆらい」=3日、龍郷町りゅうゆう館

250人が参加した「わきゃしまどぅくさネット・むんばなしのゆらい」=3日、龍郷町りゅうゆう館

 高齢者が生き生きと暮らせるまちづくりを考えるシンポジウム「わきゃしまどぅくさネット・むんばなしのゆらい」(龍郷町地域包括支援センター主催)が3日、龍郷町りゅうゆう館であった。約250人が来場。講演やパネルディスカッションを通して介護予防や地域で高齢者を支える地域包括支援の在り方について理解を深めた。講師は大阪府大東市地方創生局兼保健医療部高齢介護室課長参事で理学療法士の逢坂伸子さん。「いつまでもいきいきと元気に暮らすために」と題して講演した。