龍郷町子ども博物学士講座 サンゴの特徴学ぶ

子どもたちがサンゴの移植体験を行った「子ども博物学士講座」の第1回講座=28日、龍郷町龍郷の奄美漁協龍郷支所

子どもたちがサンゴの移植体験を行った「子ども博物学士講座」の第1回講座=28日、龍郷町龍郷の奄美漁協龍郷支所

 龍郷町教育委員会主催の「子ども博物学士」講座が28日に開講し、第1回講座が同町内であった。テーマは「サンゴ礁ってなに?」。喜界島サンゴ礁科学研究所の山崎敦子所長を講師に招いてあり、参加した子どもたちがサンゴの特徴や調査・研究することの楽しさを学んだほか、移植体験も行った。同講座は、体験活動を通じて地域の自然や伝統文化に親しみ、郷土に誇りを持つ児童生徒の育成を目指して2005年度に始まった。