109人が予選通過 奄美民謡大賞

000 第41回奄美民謡大賞(南海日日新聞社、奄美市教育委員会共催)の予選通過者109人が、4月16日までに決まった。新型コロナウイルス感染防止のため、6月20日に奄美文化センターで予定していた本選は実施せず、各賞受賞者は予選ビデオを基に再度審査して決定する。

 

 奄美民謡大賞は、島唄の伝承や唄者の発掘などを目的に開催している。予選は2月2日から4月12日にかけて関東や関西を含む6地域で実施。年齢別4部門に初出場37人を含む198人が臨んだ。審査の結果、少年22人、青年23人、壮年25人、高年39人が本選へ進んだ。

 

 予選通過者の審査は5月下旬から6月中旬にかけて実施し、受賞者を決める。