2年ぶりに奄美大島産タンカンはさみ入れ式

2年ぶりのはさみ入れ式で収穫シーズンの始まりを祝う園主の武富さん(右)と岡山部会長=1日、瀬戸内町阿木名

2年ぶりのはさみ入れ式で収穫シーズンの始まりを祝う園主の武富さん(右)と岡山部会長=1日、瀬戸内町阿木名

 奄美大島産タンカンの収穫シーズンを迎え、2016年産「奄美たんかんはさみ入れ式」(JAあまみ大島事業本部主催)が1日、瀬戸内町阿木名にある武富光則さん(59)の果樹園であった。前期産は果樹・果菜類の害虫ミカンコミバエ緊急防除に伴い、島内の一部を除いて島外出荷ができなかったため、はさみ入れ式は2年ぶり。