25日から 冬のふるさと便 奄美市笠利町の味の郷かさり

25日から冬のふるさと便を販売する味の郷かさり=21日、奄美市笠利町

25日から冬のふるさと便を販売する味の郷かさり=21日、奄美市笠利町

 奄美市笠利町の合同会社「味の郷かさり」(吉田茂子代表)は25日、恒例の「冬のふるさと便」の受け付けを始める。年越し料理を味わえる人気のAセットをメインに計3セット用意。吉田代表は「島をぎゅっとまるごと詰め込んだ。都会で暮らす出身者に昔ながらの郷土食を楽しんでもらえたら」とPRした。12月25日まで(随時発送)。

 

 Aセット(税込み4500円、冷凍)は奄美の大みそかや正月に欠かせない豚骨、つき餅、ソデイカ刺し身など5品を用意した。

 

 Bセット(税込み4500円)は鶏飯、トマトドレッシング、パッションゼリーなど8品。Cセット(税込み3200円)はかしゃ餅、黒糖ドーナツ、タンカンかりんとうなど7品。

 

 いずれも送料込み。吉田代表は「Aセットは海と山の幸をふんだんに、Bセットはギフトにも。Cセットは懐かしい島の菓子。商品は好みに合わせて入れ替えできます」と話した。

 問い合わせ先は電話0997(63)0771味の郷かさり。