停電全戸で復旧 作業急ぎ、7日中に回復 奄美群島

電線や電柱の点検、補修を行う業者=7日午後1時半ごろ、奄美市笠利町の県道

電線や電柱の点検、補修を行う業者=7日午後1時半ごろ、奄美市笠利町の県道

 九州電力鹿児島支社などによると、台風10号の影響で奄美群島では7日午後7時までに、約2510戸で停電が続いた。停電していたのは奄美市や大和村、龍郷町、喜界町の一部。九電などが復旧へ向け原因調査と補修作業を実施。同日午後11時までに全て復旧した。

 

 7日午後7時現在、停電戸数の内訳は▽奄美市 約2010戸(総戸数の6・0%)▽大和村 約330戸(同22・7%)▽龍郷町 約20戸(同0・4%)▽喜界町 約150戸(同2・5%)。

 

 台風が接近した6日午前以降、各地で停電が発生した奄美市笠利町では7日、各集落や主要道路沿いなどで電柱や電線など送配電設備の点検、補修が進められた。九電鹿児島支社は「切れたり垂れ下ったりした電線や折れた電柱には触らず、最寄りの配電事業所へ連絡してほしい」と呼び掛けている。

 

 群島内の停電に関する問い合わせは電話0120(986)808奄美配電事業所。