4姉妹合わせ386歳 長寿祝いお茶会開く

久しぶりに姉妹4人がそろい、笑顔を見せる(前列右から)一野セイ子さん、仰ツヤ子さん、渡辺ハマ子さん、泉マサ子さん(提供写真)

久しぶりに姉妹4人がそろい、笑顔を見せる(前列右から)一野セイ子さん、仰ツヤ子さん、渡辺ハマ子さん、泉マサ子さん(提供写真)

 4人合わせて386歳―。奄美市名瀬の特別養護老人ホーム佳南園でこのほど、名瀬芦花部出身の姉妹4人が集まり、長寿を祝うお茶会を開いた。4人そろうのは十数年ぶりという。姉妹は久しぶりの集合に笑顔を見せ、会話や歌を楽しんだ。

 姉妹は長女一野セイ子さん(103)、次女・仰ツヤ子さん(101)、三女・渡辺ハマ子さん(96)、五女・泉マサ子さん(86)の4人。

 お茶会は同施設に入居するセイ子さんとツヤ子さんが100歳を超えた記念にと同施設職員が企画。親族やハマ子さんが入居する特別養護老人ホーム大和の園(大和村)が協力して実現した。

 姉妹はツヤ子さんの部屋に置いてある父・仰長六さんと母・当千代さんの位牌(いはい)に手を合わせた後、食卓を囲んで近況や思い出話で歓談した。歌好きのツヤ子さんが「君が代」を歌うと、みんなで手拍子を送った。

 龍郷町で暮らすマサ子さんはお茶会後、「4人で会えて懐かしかった」と目を細めた。