40代女性が感染 1歳男児は陰性を確認 喜界町

40代女性の感染が報告された喜界町新型コロナウイルス感染症対策本部の会議=7日、町役場

40代女性の感染が報告された喜界町新型コロナウイルス感染症対策本部の会議=7日、町役場

 喜界町の新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長・隈崎悦男町長)が7日、町役場であり、町内在住の40代女性の感染が確認されたことが報告された。5日に陽性とされた1歳男児が再検査で陰性だったことも分かった。

 

 会議は非公開。隈崎町長のほか、役場の各課長、消防など関係者12人が出席し、検査結果や経過のほか、感染防止策や今後の対応などについて協議した。

 

 県や町によると、感染が確認されたのは、一度陽性とされた男児が通う施設関係者。6日に県本土でPCR検査を行い、7日に感染が確認された。

 

 女性の行動履歴や接触者などは調査中。接触者の検体検査の場所や方法については今後、医療機関や保健所で調査するとみられる。

 

 一方、抗原検査で5日に陽性とされた男児は、より正確に判定するため7日までにPCR検査を2度実施し、いずれも陰性だった。

 

 隈崎町長は会議後「引き続き手洗いやマスクの着用など感染対策を徹底し、感染の拡大防止に努めていきたい。町民の方々には感染者が不当な差別や偏見を受けることがないよう配慮してほしい」と語り、協力を呼び掛けた。