596柱に恒久平和誓う 笠利町招魂祭

次々と焼香してみ霊を慰める参列者=16日、奄美市笠利町

次々と焼香してみ霊を慰める参列者=16日、奄美市笠利町

 奄美市笠利町の第113回招魂祭式典が16日、太陽が丘総合運動公園の笠利農村環境改善センターであった。参列者は戦争犠牲者596柱に鎮魂の祈りをささげ、恒久平和の誓いを新たにした。

 

 同公園内に立つ招魂碑は、太平洋戦争などで戦死した軍人、軍属587柱と、本土の軍需工場に動員された女子挺身(ていしん)隊の9柱が祭られている。

 

 式典は約90人が参列し、黙とうをささげた。朝山毅市長は「悲惨な戦争を繰り返さないためにも歴史と記憶を風化させてはならない。平和の尊さと誓いを後世に確実に継承することが私たちの使命だ」と式辞を述べた。

 

 笠利町遺族会の丸田一仁会長は「悲劇を繰り返さないよう平和を訴え続けていかなければならない。遺族の高齢化で会員数も減少傾向にあるが、互いに親睦を深め励まし合っていきたい」と誓った。

 

 参列者は順に焼香して手を合わせ、平和のありがたさをかみ締めていた。

    ◇

 奄美市の笠利町遺族会(正会員1人、準会員131人)は16日、笠利農村環境改善センターで2018年度総会を開いた。役員改選があり、丸田一仁会長が再選された。