6月に冠ゲーム、応援ツアー ベイスターズ奄美協力会総会

18年度事業計画などを承認したベイスターズ奄美協力会役員総会=21日、奄美市名瀬

18年度事業計画などを承認したベイスターズ奄美協力会役員総会=21日、奄美市名瀬

 プロ野球横浜DeNAベイスターズ奄美協力会(会長・朝山毅奄美市長)の2018年度役員総会は21日、奄美市名瀬のホテルであり、本年度の事業計画などを承認した。昨年に続き、横浜スタジアムで行われる試合(6月6日、埼玉西武ライオンズ戦)を冠ゲームとし、応援ツアーを実施する。

 

 冒頭、朝山会長は「日本シリーズ進出を果たした17年に続き、18年も好調を維持していると聞く。野球教室や施設訪問での交流は島の人たちに夢や希望を与える。奄美キャンプを継続実施してもらえるよう積極的な誘致に取り組みたい」と話した。

 

 18年度の主な計画は▽秋季キャンプ継続へ誘致活動▽協賛金などの資金調達▽野球教室、施設訪問、食事会の実施▽キャンプの運営協力、広報活動―など。球団との信頼関係向上と交流促進を目標に年間を通じた支援、交流事業を展開する。