87歳老女殺害容疑で男を再逮捕 県警・奄美署

強盗未遂の疑いで送検された当時の渡部容疑者=7月1日、奄美署

強盗未遂の疑いで送検された当時の渡部容疑者=7月1日、奄美署

 奄美市名瀬小俣町で6月、一人暮らしの無職瀧田得枝さん=当時(87)=が殺害された事件で、県警は11日、住居侵入と殺人の疑いで、近くに住む無職渡部円治容疑者(21)=強盗未遂罪で公判中=を再逮捕した。県警によると、渡部容疑者は「そのようなことはやっていません」と容疑を否認している。

 

 再逮捕容疑は6月12日午後6時ごろから同月16日午後8時25分ごろまでの間、瀧田さん宅に侵入し、刃物のようなもので瀧田さんの腹部などを刺して殺害した疑い。

 

 県警などによると、同月16日午後8時半ごろ、瀧田さんが寝室ベッドで血を流して倒れているのを訪問した親族が発見し、駆け付けた救急隊員が死亡を確認。同月18日の司法解剖で複数の刺し傷が見つかり、死因は出血性ショックだと分かった。

 

 県警は同日、殺人事件と断定して奄美署に捜査本部を設置、延べ約4500人態勢で捜査していた。現場周辺への聞き込みや防犯カメラ映像の解析などから渡部容疑者が浮上し、容疑が固まり逮捕に至ったという。

 

 一方、凶器は特定されておらず、県警は▽防犯カメラ映像に容疑者が映っていたか▽被害者宅に容疑者の指紋や足跡、遺留品があったか▽凶器は押収したか―についても「捜査上支障がある」として明らかにしていない。被害者宅からの盗品の有無については、今後の捜査で明らかにするとしている。

 

 県警の調べに対し、渡部容疑者は「(瀧田さんのことは)全く知らない。家に行ったこともない」と供述しているという。

 

 渡部容疑者は、1月に奄美市名瀬石橋町のコンビニエンスストア「島人mart石橋店」で店員に包丁を見せ、現金を脅し取ろうとした疑いで6月30日に逮捕、7月19日に起訴され、現在は公判中。