ACN、ノネコ問題解決へ活動本格化

活動を本格化させ、記者会見した奄美ネコ問題ネットワークの構成団体代表ら=28日、奄美市名瀬

活動を本格化させ、記者会見した奄美ネコ問題ネットワークの構成団体代表ら=28日、奄美市名瀬

 奄美大島で山中に棄てられて野生化した猫(ノネコ)が希少種を含む在来動物を捕食して生態系に悪影響を及ぼしている問題で、島内の自然保護関係団体などが奄美ネコ問題ネットワーク(ACN、代表・久野優子奄美猫部長)を設立し、今月、活動を本格化させた。生態系保全に向けて、住民に猫の遺棄問題の周知と適正飼養の啓発を進め、行政とも連携して猫問題の早期解決を目指す考えだ。活動参加など問い合わせは電話0997(58)7000奄美猫部へ。