ALT、奄美で陶芸学ぶ セーラ・フェラーさん

「野茶坊焼」唯一の弟子、セーラ・フェラーさん=9月1日、奄美市名瀬

「野茶坊焼」唯一の弟子、セーラ・フェラーさん=9月1日、奄美市名瀬

 奄美市名瀬柳町にある「野茶坊焼」の窯元・池淳一さん(75)に弟子入りし、陶芸家を目指す外国人女性がいる。米国出身のセーラ・フェラーさん(25)。2017年から3年間、市内の外国語指導助手(ALT)として職場と工房を行き来する生活を続けてきた。今夏で任期を終え、28日に帰国。自身の工房開設とブランド確立を目標に掲げながら、「野茶坊焼を守り故郷へ広げたい」と意気込んでいる。

 

 セーラさんはフロリダ州生まれ。ミズーリ州のカンザスシティ美術大学で彫刻・粘土を専攻。浮世絵が大好きだったこともあり、日本の芸術についても学んでいた。先生の勧めもあって来日を決意し、卒業から3カ月後の17年8月、ALTとして奄美市に着任した。

 

 粘土を続けたかったセーラさんは同僚に池さんを紹介され、そのまま弟子入りを志願した。池さんいわく「最初で最後の弟子」。

 

 日中は県立奄美高校で英語を指導。放課後は同校の美術部に顔を出し、少し睡眠を取って午後10時ごろから工房へ。生活に慣れるまで苦労したが、「プロになりたいなら1時間でも30分でも、粘土に触るだけでもしなさい」という池さんの教えを守り、毎日工房へ通った。

 

 セーラさんは陶芸の魅力を「自分の作りたいものを自分の力で形にできる。どんな人が使うのか、どういう使われ方をするのか、焼き物の将来を考えて作るのが楽しい」と語る。池さんのもとで学ぶうち、粘土にも命があると思うようになったという。

 

作品を手に笑顔の師弟=9月1日、奄美市名瀬

作品を手に笑顔の師弟=9月1日、奄美市名瀬

 3年間の島暮らしを振り返り、「島は温かい。人と人との絆が強い。やりたいことがあれば必ず誰かが世話を焼いてくれる。そこがいい。マイアミにも同じようなコミュニティーを築きたい」と話した。

 

 帰国後は双子の姉と工房を開く計画を立てており、「自分のブランドを作って、その中に野茶坊焼のシリーズも作りたい。野茶坊焼は私の陶芸のルーツ。最初で最後の弟子だから、守っていきたいしアメリカに紹介したい」と抱負を語った。

 

 池さんは「基本は全部マスターしたはず。これからは努力というより経験、続けることが大切。頑張って」とまな弟子の背中を押した。