ANAがバニラ機体に自然遺産支援ロゴ

%e2%98%85%ef%bd%81%ef%bd%8e%ef%bd%81%e3%81%8c%e8%87%aa%e7%84%b6%e9%81%ba%e7%94%a3%e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%82%92%e6%94%af%e6%8f%b4%ef%bc%91%ef%bc%97%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%88%e5%80%9f 全日本空輸(ANA)グループは10日、「奄美・琉球」の世界自然遺産登録に向けた活動を支援すると発表した。グループ傘下の格安航空会社(LCC)バニラ・エアの機体に「世界自然遺産候補地」のロゴシール=写真=を貼って運航。成田便の奄美大島着陸時にアマミノクロウサギの保全を呼び掛ける機内アナウンスを流して機運を盛り上げる。