NYタイムズ記者が紬取材

大島紬の歴史について取材するファクラーさん(奥)=21日、奄美市名瀬の大島紬会館

大島紬の歴史について取材するファクラーさん(奥)=21日、奄美市名瀬の大島紬会館

 米国大手日刊紙「ニューヨーク・タイムズ」のマーティン・ファクラー東京支局長(48)が19日から21日までの3日間、奄美大島で大島紬を取材した。伝統工芸を支える職人技に触れ、「紬は美術品の域に達した奄美ならではの文化。外国人にもインテリアとして十分、受け入れられる」と語った。