Uターンラッシュで奄美空港混雑

大勢の帰省客らで大混雑する奄美空港の保安検査場前=5日、奄美市笠利町

大勢の帰省客らで大混雑する奄美空港の保安検査場前=5日、奄美市笠利町

 「またね」「頑張ってこいよ」―。最大9連休となった年末年始を奄美大島で過ごした帰省客らのUターンラッシュを迎え、5日、奄美市笠利町の奄美空港は混雑した。2階保安検査場の前には搭乗者の長蛇の列ができ、見送る家族らでごった返した。どちらも名残り惜しそうに何度も手を振り、別れを惜しんでいた。

 

 日本航空(JAL)によると、5日に奄美大島から大阪、東京、福岡、沖縄に向かう便はいずれも満席、スカイマークの鹿児島行きなどもほぼ満席となった。

 

 紬の日と重なったこともあり、紬姿で見送りに来る家族の姿も。奄美市名瀬の主婦荒垣和美さん(83)は、龍郷柄の大島紬を身にまとい、家族4人で熊本県で暮らす孫を見送りに来た。「今年は家族が少ししか帰ってこなかったので寂しかったが、皆でドライブに出掛け、いい思い出になった」と話し、孫の大学生荒垣健人さん(19)は「久しぶりに奄美の友達に会えていいお正月だった」と笑顔で話した。