「奄美」発信、オリジナルメニュー 奄美市の伍郷商店

宇検村の養殖クルマエビなどを使ったえびサンドイッチと徳之島産のべにふうき茶

宇検村の養殖クルマエビなどを使ったえびサンドイッチと徳之島産のべにふうき茶

 元・奄美市地域おこし協力隊の長瀬悠さん(39)、瞳さん(37)夫婦が経営する奄美市名瀬の「伍郷(ごごう)商店」に、軽食メニューが登場しました。宇検村産養殖クルマエビのサンドイッチやつきあげ(魚のすり身揚げ)トーストなど、奄美の特産品を詰め込んだ一品ばかり。「地元の方にもぜひ味わってほしい」と来店を呼び掛けています。

 

 伍郷商店は奄美大島の5市町村(奄美市、龍郷町、大和村、宇検村、瀬戸内町)と5島(奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)の魅力を発信する場所として、島の中心街で五つの道路が交わる名瀬港町のビルに今年5月5日にオープン。

 

 夫婦手作りで壁や棚を整えた店内には、群島各地から取り寄せた加工品や調味料のほか、作家手作りの小物やアクセサリーなども並んでいます。

 

女性、伍郷商店② メニューはクルマエビとパパイアのサンドイッチや、奄美大島産はちみつのハニートースト、瀬戸内町加計呂麻島のきび酢のサワードリンク、徳之島産の紅茶「べにふうき」など。その時期の旬の食材を生かした季節限定メニューも用意しています。

 

 地元の作家らと協力して、夜光貝アクセサリー作りやキャンプ体験などのワークショップも展開。瞳さんは「観光で来た方も地元の方も、ゆっくりとくつろげる場所にしたい。おやつやお昼ご飯に立ち寄ってほしい」と話しました。

 

手作りの棚に並ぶ群島各地の加工品や手作りアクセサリー

手作りの棚に並ぶ群島各地の加工品や手作りアクセサリー

 営業時間は午前10時~午後7時。火曜定休。問い合わせは電話0997(58)8551奄美伍郷商店。