「東京へは成田から」

成田市の観光キャラクターのぬいぐるみを届けた小泉市長(右)とバニラ・エアの石井社長〈中央)=2日、南海日日新聞社

成田市の観光キャラクターのぬいぐるみを届けた小泉市長(右)とバニラ・エアの石井社長〈中央)=2日、南海日日新聞社

 1日就航したバニラ・エア(本社・千葉県成田市)の成田―奄美直行便で来島した成田市の小泉一成市長とバニラ・エアの石井知祥社長が2日、奄美市名瀬の南海日日新聞社を訪れた。初来島という小泉市長は「行けばファンになるというのが分かった。文化もいいですよね」とすっかり奄美ファンになった様子。「東京へは成田から」と成田市とバニラ・エアもしっかり売り込んだ。
 石井社長は奄美線にマーケットとしての手応えを感じたようだ。初便の乗客にシニア層が多かった点に触れて「新しいマーケットの可能性を感じた。いろいろやっていきたい」。その上で「奄美空港発の定期路線では喜界便に次ぐ安さ。成田をベースに家族で東京ディズニーランドというのも夢ではなくなったのでは」とも語った。
 就航後は路線維持に向けた乗客獲得が大きな課題となる。小泉市長は「行政だけだとやはりブレーキが掛かる。民間の自由な発想を大いに取り入れていったほうがいい」と官民連携の取り組みの重要性を指摘した。