サトイモ選果機を新規導入-JAあまみ与論

新規導入された機械で選別、出荷作業が行われているサトイモ選果場=17日、与論町茶花

新規導入された機械で選別、出荷作業が行われているサトイモ選果場=17日、与論町茶花

 JAあまみ与論事業本部はこのほど、サトイモ選果機を新規導入した。旧選果機の老朽化に伴うもので、関係者はサトイモ選別の効率化、高品質化を期待。一方、今期の出荷量は島外から購入した種イモの病害発生などが影響し、110㌧と前年に比べ3分の1の減収となる見込みだ。