タンカン、津之輝を柱に/群島かんきつ振興大会

関係者一体で産地振興への取り組みを確認した奄美群島かんきつ振興大会=22日、宇検村

関係者一体で産地振興への取り組みを確認した奄美群島かんきつ振興大会=22日、宇検村

 2016年度奄美群島かんきつ振興大会(奄美群島農政推進協議会など主催)が22日、宇検村の元気が出る館であった。県大島支庁の担当者が果樹・果菜類の害虫ミカンコミバエ種群の防除対策で報告したほか、かんきつ類の新品種として生産基盤の整備が進む「津之輝」とタンカンを2本柱とする産地振興策を提言。果樹生産者組織の体制強化による栽培管理技術の高位平準化や消費者ニーズに対応した果実生産など4項目の大会宣言を採択し、産地振興へ一丸となって取り組むことを確認した。