タンカンソフト、きょうから販売 奄美市住用町

タンカンソフトをPRするスタッフら=31日、奄美市住用町

タンカンソフトをPRするスタッフら=31日、奄美市住用町

 奄美市住用町の観光交流施設「三太郎の里」は1日、町の特産品タンカンを使ったオリジナルソフトクリームの販売を始める。指定管理者のNPO法人すみようヤムラランド(満田英和理事長)の担当者は「これまでも多くのリクエストが寄せられていた。タンカンの風味が出るよう工夫した」とPRしている。

 

 果汁100%入りで、ほのかな酸味と甘みが感じられる味わい。原料は女性起業グループのサン奄美が製造している。市場には出せない規格外品を利用することで地元農家への利益還元につなげる狙いもある。

 

 ソフトクリームの値段はタンカン400円、マンゴー、バニラ、ミックス(マンゴー&バニラ)が各350円。今後は種類やトッピングを増やす予定。

 

 満田理事長は「三太郎の里は地域の拠点であり、ドライバーの休憩場所でもある。ぜひ遊びに来て住用のタンカンソフトを味わって」と呼び掛けた。スタートキャンペーン特典もある。営業時間は午前9時半~午後6時。

 

 問い合わせは電話0997(69)5077三太郎の里へ。