ダム通水まで「耐えて」/南西糖業で春植え出発式

「頑張ろう」三唱で春植え目標の達成を誓った参加者ら=2日、伊仙町

「頑張ろう」三唱で春植え目標の達成を誓った参加者ら=2日、伊仙町

 徳之島の2014~15年期サトウキビの生産見込み量(1月31日現在)は、製糖開始時の予想(17万5091㌧)を下回り、15万8458㌧にとどまる見通しだ。昨年10月の相次ぐ台風襲来による被害が予想以上に深刻化したためで、関係機関は春植え推進で来期以降の増産を目指す方針。2日は伊仙、天城両町で春植え推進キャンペーンの出発式があり、参加者は生産回復と目標達成を誓った。