ビア・アワーズに「はなはなエール」3種入賞

入賞した3種のクラフトビールを手に受賞を喜ぶ泰山代表=4日、瀬戸内町

入賞した3種のクラフトビールを手に受賞を喜ぶ泰山代表=4日、瀬戸内町

 日本のビール審査会「ジャパン・グレートビア・アワーズ2020」(同実行委員会主催)は2月29日~3月1日、東京・恵比寿ガーデンプレイスであり、瀬戸内町の合同会社奄美はなはなエール(泰山祐一代表)が出品したクラフトビール全3種が各部門で入賞を果たした。

 

 審査会は昨年に続き2回目。全国から408銘柄の出品があり、審査員が香りや見た目、味のバランスなどで採点して入賞を決めた。 奄美はなはなエールは奄美の素材を生かしたクラフトビールを生産、販売。同審査会には初めての出品で、「たんかんペールエール」(フルーツビール、ボトル缶部門)が銀賞、「パッションウィートエール」(フルーツ・ウィートビール、同)、「黒糖スタウト」(スペシャルティ・ビール、同)がそれぞれ銅賞を受賞した。

 

 泰山代表(34)は「初めての出品でどうなる不安もあったが、3種類とも賞がいただけたので、味にも自信がついた。今後もビールを通して奄美群島を少しでもPRしていきたい」と話した。