マーケティングなど学ぶ/経営者など27人が参加/奄美市で経営戦略セミナー

 

戦略的な経営方法を学んだセミナー=26日、奄美市名瀬

戦略的な経営方法を学んだセミナー=26日、奄美市名瀬

経営戦略セミナー(奄美産業活性化協議会主催)が26、27の両日、奄美市名瀬のホテルであった。事業所経営者や創業希望者ら27人がインターネットのウェブサイト活用方法などを研修。マーケティング力強化のためのノウハウを学んだ。

 

 講師は大阪市の中小企業診断士、青木宏人さん(マーケティングアシストプロジェクト社長)とウェブディレクターのノムラシンスケさん(squarewall社長)が務めた。

 

 初日はマーケティングの全体像や適切な社会的ネットワークサービス(SNS)の選び方など計5項目のカリキュラムについて講義した。

 

 青木さんはマーケティングについて、「客の課題を解決し、その対価として売り上げ利益を上げること」と定義付けた。その上で、顧客の見つけ方や戦略の立て方、自社の強みの生かし方などを具体的にアドバイスした。

 

 戦略策定のポイントとして「顧客から自社のブランドを認知してもらう状態をつくることが重要。どのような顧客のどのような課題を解決する会社として認識されるかが大切」とアドバイスした。

 

 セミナーは実践的な手法を身に付けられる方式で進行。受講生らは検討事例について考察したり意見を出し合いながら、熱心に学んでいた。

 

 厚生労働省の実践型地域雇用創造事業。27日は「ホームページの生かし方」など実践的なカリキュラムについて講義があった。