ミカンコミバエ対策でグアバなど廃棄処分

回収したグアバなどを廃棄する徳之島町の職員ら=14日、伊仙町

回収したグアバなどを廃棄する徳之島町の職員ら=14日、伊仙町

 徳之島地域ミカンコミバエ等侵入警戒対策本部(本部長・高岡秀規徳之島町長)は14日、果実や野菜類の病害虫ミカンコミバエの防除対策のため、島内全域で寄生する恐れのあるグアバとアセロラの果実計254・9㌔を回収し、廃棄処分した。同対策本部は未回収の果実について、各町の職員による回収を検討するとしている。