ミカンコミバエ対策で住民に協力要請

移動規制表 果菜類の病害虫ミカンコミバエの根絶に向けて県大島支庁現地対策本部(本部長・本重人支庁長)は24日、果樹の取り扱いに伴う住民への協力依頼文を発表した。グアバやアセロラなどの果実、地面に落ちたミカン類の果実は「害虫が好んで産卵する恐れがある」とし、ビニール袋に入れ、可燃ごみとして捨てるよう促している。