ユリ再興へ初シンポ/沖永良部島

 

全国の市場関係者やテッポウユリ切り花の生産者らが一堂に会し開かれたシンポジウム=24日、知名町フローラル館

全国の市場関係者やテッポウユリ切り花の生産者らが一堂に会し開かれたシンポジウム=24日、知名町フローラル館

 2016年度テッポウユリ切り花シンポジウム(知名町主催)が24日、同町であった。全国の市場関係者、土佐市花卉(かき)農協役員、島内の生産者、関係行政機関職員らが参加。市場関係者から「産地全体の底上げが急務」「コマーシャルも必要だろうが、原点回帰が大事ではないか」「供給が安定すれば必ずいい形になる」など注文と期待の声が出された。