与論で離島物価問題懇談会

油槽施設を視察する懇談会出席者=14日、与論町

油槽施設を視察する懇談会出席者=14日、与論町

 県主催の2016年度離島物価問題懇談会が14日、与論町であった。島内の事業者や消費者の代表、町職員ら25人が出席し、島の物価や流通の実情、課題について意見交換。事業者らから輸送費コストに加え、施設維持のための塩害(潮風害)対応コストも大きな負担になっているとの声が出された。「鹿児島から最も遠い与論の物価を鹿児島に近づける物価施策を」との意見もあった。