与論産ホロホロ鳥ブランド化へ

試食・祝賀会でホロホロ鳥を使った料理を味わった出席者

試食・祝賀会でホロホロ鳥を使った料理を味わった出席者

  与論島・徳之島などに事業所を置く日本マルコ㈱(小板橋啓治社長)=本社・神奈川県=は、高級食材として利用される「ホロホロ鳥」を商材とした6次産業化の取り組みを、与論島を拠点に進める。本年度から町内の農家に飼育を委託、同社工場で加工処理の後、全国販売する。同社は与論島産ホロホロ鳥のブランド化で事業を軌道に乗せ、高齢者や障がい者など多様な人材の雇用確保を目指しており、町内では新事業への期待が高まっている。