京大院生ら奄美観光調査

各客層に共通して人気が集まったウミガメの観察会=2012年、龍郷町

各客層に共通して人気が集まったウミガメの観察会=2012年、龍郷町

 奄美大島を訪れた観光客は世界自然遺産で注目される森林より海の利用が多い――。京都大学大学院の久保雄広さん(28)らがこう指摘するアンケート調査をまとめた。回答者の9割が自然との触れ合いを訪問動機に挙げた一方、エコツアーの利用者は2割にとどまった。ニーズを探る実験では、各客層に共通して「ウミガメ観察を含むシュノーケリングツアー」の人気が高い傾向がうかがえた。