保岡さんとのお別れの会 和泊町上手々知名

「お別れの会」で献花する参列者=24日、和泊町

「お別れの会」で献花する参列者=24日、和泊町

 【沖永良部総局】19日に亡くなった元衆院議員の保岡興治さんの鹿児島市での葬儀告別式に合わせて24日、和泊町上手々知名公民館で有志主催による「お別れの会」があった。上手々知名は保岡さんの妻芳枝さんの出身地。保岡さんも集落の敬老会に参加するなど親交があった。島内から約50人が参列し、保岡さんの人柄と功績をしのぶとともに別れを惜しんだ。

 

 お別れの会は、鹿児島市の告別式と同時刻の午前11時に開始。参列者は黙とうの後、保岡さんの遺影に向けて献花を行った。

 

 伊集院周克区長(71)は「保岡さんが衆院議員選挙に初当選して来島した際に見た、あの勇壮な姿は今も忘れられない。温和な性格だが、政治家としてはとても勇敢な方だった」と人柄をしのんだ。

 

 お別れの会の呼び掛け人の一人、本部忠孝さん(73)は「奄美のため、沖永良部島のために常に全力投球。他の誰よりも奄美のこと、島の人のことを考えてくれる人だったと思う」と話した。