名瀬の上原さん2年連続金賞 〇奄美市、パッション品評会に18点

品評会の各賞受賞者。(右から)銀賞の金城さん、金賞の上原さん、銅賞の池田さん=11日、奄美市名瀬の県農業開発総合センター大島支場

品評会の各賞受賞者。(右から)銀賞の金城さん、金賞の上原さん、銅賞の池田さん=11日、奄美市名瀬の県農業開発総合センター大島支場

 2020年度奄美市施設パッションフルーツ品評会が11日、奄美市名瀬の県農業開発総合センター大島支場であった。前年度より3点多い18点(名瀬8、笠利10)が出品され、金賞には2年連続で上原龍治さん(38)=名瀬=が選ばれた。

 

出品されたパッションフルーツを審査する審査員ら

出品されたパッションフルーツを審査する審査員ら

 生産技術の向上やブランド化などを目的に開催。外観審査では県や市、JAの担当職員ら5人が、果皮の着色や傷、玉ぞろいなど項目に沿って果実をチェックした。糖度は平均16・73度(最高17・9度)、酸度は平均1・44%だった。

 

 表彰式で、審査委員長の徳永太藏県農業開発総合センター大島支場長は「出品されたものは、内容、品質ともに差はない良い仕上がり」と評し、「今後も互いに刺激し合って栽培技術の向上に努めてほしい」と期待した。

 

 金賞を獲得した上原さんは「パッションの収穫は今年で4年目。水やりや日よけ、肥料など自分なりに工夫して育てました」と話した。

 

 奄美市農林水産課によると、市のパッションフルーツの施設栽培は、19年度実績で世帯数57戸、栽培面積5・9㌶、生産量は74・8㌧(露地栽培含む)。面積、生産量ともに着実に増加しているという。

 

 金賞以外の入賞者は次の通り。(敬称略)

 ▽銀賞 金城良洋(名瀬)▽銅賞 池田大亮(笠利)