奄美市でトロピカルフルーツ講演会

講演で生産者の管理責任の大切さを強調するラブさん=2日、奄美市名瀬

講演で生産者の管理責任の大切さを強調するラブさん=2日、奄美市名瀬

 日本熱帯果樹協会(会長・石畑清武鹿児島大学名誉教授)主催のトロピカルフルーツ講演会が2日、奄美市名瀬のAiAiひろばであった。国内外の専門家3人が農家ら約50人を前に講演。周年収穫を可能にする管理技術を伝えたほか、果樹栽培と特産品展開、観光振興を一体化した産地づくりを助言した。