奄美6市場で子牛価、上昇続く

 JA県経済連肉用牛事業部肉用牛課奄美市駐在は11日、3月の大島地区子牛競り市成績速報を発表した。6市場の平均売却価格は69万9335円で、前回1月競りに比べ2万7491円(4・1%)高となった。3月子牛競りは、年末出荷を見込んだ肥育農家の最需要期。枝肉相場が堅調推移を続けている中で、上場頭数が減少した一方、購買者は増加し、取引価格をさらに押し上げる格好となった。