姶良市で「奄美フェスタ」 物産や島唄ライブにぎわう 霧島など3郷友会が企画

家族連れなどが詰め掛けた物産展=16日、姶良市の加音ホール

家族連れなどが詰め掛けた物産展=16日、姶良市の加音ホール

 【鹿児島総局】島唄のステージや物産展などで奄美群島を県本土にアピールする「結の奄美フェスタ」が16日、姶良市の加音ホールであった。姶良奄美会、加治木奄美会、霧島市奄美会の3郷友会が実行委員会を組織して開催。3郷友会合同による企画は初めてで、県本土在住の奄美出身者を中心に多くの住民が訪れてにぎわった。

 

 姶良市制10周年記念企画の一環。館内には奄美の自治体や特産品製造業者らの物産ブースが設けられ、黒糖焼酎や特産果樹のタンカン、地場産農産物を材料とした加工品が並んだ。郷土料理の「鶏飯」も人気を呼び、館内は混雑した。

 

 島唄コンサートには、永志保さん、界眞子さん、大山結奈さん、前山真吾さんらが出演。客席からの指笛や手拍子、ステージ上での踊りも交え、会場が一体となって奄美のリズムを楽しんだ。

 

踊りや島唄をにぎやかに繰り広げたコンサート=16日、姶良市の加音ホール

踊りや島唄をにぎやかに繰り広げたコンサート=16日、姶良市の加音ホール

 会場には大島紬姿の来場者の姿も見られた。自前の紬に身を包んだ旧名瀬市出身の杉山範子さん(66)=鹿児島市=と榮美恵子さん(73)=同=は「懐かしい故郷の空気に触れることができ、うれしい」「県本土の人々と交流できる場にもなった。とても良いこと」と話した。

 

 実行委員長を務めた加治木奄美会の兼田勝久会長(73)=天城町出身=は「世界自然遺産登録への取り組みなど、奄美への注目度が高まる中でのイベント開催は意義深い。奄美のPRだけでなく、出身者や地域の人たちとの絆を深めることにもなったのではないか」と語った。