平さん(霧島高原純粋黒豚牧場)が講演 奄美市名瀬

講演する霧島高原純粋黒豚牧場の平邦範さん=17日、奄美市名瀬

講演する霧島高原純粋黒豚牧場の平邦範さん=17日、奄美市名瀬

 奄美島豚連絡協議会主催の新春講演会が17日、奄美市名瀬のAⅰAⅰひろばであった。霧島高原純粋黒豚牧場理事長の平邦範さん(喜界町出身)が、霧島市での実践事例を紹介し「ブランドは信用の対価」などと話した。

 

 同連絡協は昨年11月に設立。奄美在来種をルーツに持つ「奄美島豚」の銘柄(ブランド)確立へ向けた調査研究に取り組んでいる。

 

 講演のテーマは「世界ブランドかごしま黒豚 霧島の取り組み」。平さんは県のブランド品目「かごしま黒豚」の生産、加工などを手掛けており、産直レストランの運営などの取り組みが先進モデルとして国の「農・商・工連携88選」にも認定されている。

 

 平さんはこれまでの自身の取り組みを紹介した上で、「ブランドとは信用の対価。認知され、信頼を得て愛着を持たれ期待を裏切らないこと」などと語り、奄美島豚のブランド確立を目指す同協議会にエールを送った。

 

 講演後には同協議会の今後の方向性などをテーマに討議した。