平土野アートPが再始動 徳之島高美術部が壁画制作 新年度はフォトコン、商品券発行も 天城町

平土野アートPが再始動 徳之島高美術部が壁画制作 新年度はフォトコン、商品券発行も 天城町

平土野アートPが再始動 徳之島高美術部が壁画制作 新年度はフォトコン、商品券発行も 天城町

 【徳之島総局】天城町の平土野商店街活性化を目指す「平土野アートプロジェクト」が今年度、2年ぶりに再始動した。徳之島高校美術部(平野良光顧問、部員7人)の部員とOBが1月末から、商店街の4カ所に自分たちでデザインした壁画を制作し、6日までに完成した。プロジェクトを展開する天城町商工会青年部は今後、年次的に壁画を増やし、人が集う拠点づくりを進める計画だ。

 

 同プロジェクトは2017年度にスタート。19年度に一度は休止したものの、新型コロナウイルスの感染拡大で強まった閉塞(へいそく)感を払しょくして明るいまちづくりを展開しようと、町側の支援を受けて平土野集落と共同で再始動を企画した。

 

 アートのテーマは「徳之島らしさ」。部員らでアイデアを出し合い、真珠やクジラ、天使の羽、アマミノクロウサギなどを描いた。商店街を訪れた人が、壁画を背景に写真を撮れるようなデザインに仕上げた。

 

 作業に参加した同美術部1年の仲野美海さん(16)は「町の景観を損ねないよう、色彩に注意して描いた。壁画を見に来た人に写真を撮ってSNS(会員制交流サイト)で発信してもらい、島内外の人に平土野のアートを知ってもらいたい」と話した。

 

 商工会青年部は新年度、今年度制作した4カ所を含む合計13カ所の壁画を生かし、フォトコンテスト開催や商店街内の店舗で使える商品券発行などで、人を呼び込む構想を計画している。

完成した壁画=6日、天城町平土野

完成した壁画=6日、天城町平土野