有田焼(佐賀)と大島紬コラボ/11月、富山大会に出品へ

コラボ事業に取り組む(左から)原さん、小松さん、大串さん。右側は昨年制作したランプシェード=10日、奄美市

コラボ事業に取り組む(左から)原さん、小松さん、大串さん。右側は昨年制作したランプシェード=10日、奄美市

 佐賀県が2014年度から3カ年計画で展開する有田焼創業400年事業(16年)の一環で、大島紬との産地間コラボレーション事業(モノづくり事業)が進んでいる。両産地の伝統工芸士2人に、本年度は佐賀在住のデザイナーが参画。白磁の曲線美と紬のしなやかさを生かしたテーブルライトの制作は最終段階に入っている。11月5日の「伝統的工芸品月間国民会議全国大会富山大会」に出品される。