東京・中野サンプラザで奄美展 ○パネル展示や特産品販売 ○8月から企画第2弾も

奄美の位置や特産品を紹介している中野サンプラザの特設コーナー=6日、東京都中野区

奄美の位置や特産品を紹介している中野サンプラザの特設コーナー=6日、東京都中野区

 「ふるさと絶品マルシェ『島ちょく!』」と題した展示スペースが東京都中野区の中野サンプラザ1階ロビーに開設され、奄美群島をパネルで紹介している。現在、企画第1弾で喜界島、加計呂麻島、徳之島の特産品を展示・販売中だ。31日まで。

 

 取り扱い商品39品。ふちもち、あくまき、かりんとう、豆菓子、黒砂糖やシークニン、タンカン、ゴマの加工品、パパイア漬けなどが並び、来館者の目を引いている。

 

 企画に協力したトネヤ㈱代表取締役のやまなか順子さんは「東京の真ん中で奄美の特産品を手に取って選ぶことができる。この機会にぜひ来場を」と呼び掛けた。

 

 展示品を見ていた都内の50代女性は「今日は今月18日に中野サンプラザである『元ちとせ・中孝介スペシャルジョイントコンサート』のチケットを購入するために来た。偶然、彼らの古里の物産が展示されていて驚いた。コンサート当日は多くのファンが土産として購入するかもしれませんね」と話した。

 

 中野サンプラザはJR中野駅前にあり、コンサート会場や結婚式場として多くの人が訪れる。8月1日からは第2弾で沖永良部島、与論島、請島、与路島の特産品を展示・販売する予定。