知名町はシマグワPR/桑の日フェスタ、鹿児島市で

子どもたちに人気だったカイコと触れ合うコーナー=30日、鹿児島市本港新町

子どもたちに人気だったカイコと触れ合うコーナー=30日、鹿児島市本港新町

 知名町をはじめ県内の桑生産者や加工業者など13社・団体で組織する「かごしま桑振興会」(諸木逸郎会長)は30日、鹿児島市の商業施設ドルフィンポートで第3回「桑の日フェスタ」を開いた。参加団体が商品化した桑製品の即売会などがあり、大勢の来場者でにぎわった。今回は、新規参入した奄美市の奄美養蚕のほか南さつま市、日置市、いちき串木野市、奄美市、知名町、大崎町の桑の葉生産者、加工業者が桑の葉を使って商品化されたお茶や青汁、せっけん、ハンドクリーム、桑の実ジュース、有名店と共同開発した西洋菓子類などを出品した。知名町はシマグワを粉末化したお茶の試飲コーナーを設け、糖尿病予防効果などの機能性をPRし、「飲みやすい」と人気を集めた。