紬商品の魅力アップへ/バイヤーら産地見学会始まる

大島紬を使った小物を見せて助言を受ける川畑さん(左)=19日、奄美市名瀬

大島紬を使った小物を見せて助言を受ける川畑さん(左)=19日、奄美市名瀬

 生活雑貨大手東急ハンズ(本社東京都)のバイヤーやデザインの専門家を招いた大島紬産地見学会が19日、奄美市名瀬で始まった。県が主催する販路拡大事業の一環。紬製品を作る8組が商品の魅力アップへ向け、プロの助言を受ける。ハンズ博多店(福岡市)は5月以降をめどに奄美大島に特化した初の企画展を開催する。

 初日は製造卸業者など4組を訪ねた。