経済立て直しへ 静かに決意 奄美大島商議所が賀詞交歓会

規模を縮小して開催された奄美大島商議所の新春賀詞交歓会=22日、奄美市名瀬

規模を縮小して開催された奄美大島商議所の新春賀詞交歓会=22日、奄美市名瀬

  奄美大島商工会議所(有村修一会頭)の新春賀詞交歓会が22日、奄美市名瀬のホテルであった。新型コロナウイルス感染症対策の一環で、出席者は例年の半数以下の38人に規模を縮小し、食事は持ち帰り、乾杯時の発声もなし。静かな会となったが、新型コロナの影響で厳しい状況にある地域経済の立て直しに向け、会員一丸で取り組む決意を新たにした。

 

 コロナ禍で今年は中止も検討されたという賀詞交歓会。有村会頭はあいさつの冒頭、「商議所が年の初めから中止をしていては、地域経済が元気にならないとの思いがあった。コロナ禍の中、経済活動の在り方を模索するという意味も込めて従来とは違う形での開催を決めた」と会の趣旨に理解を求めた。

 

 また長期化する経済不況にも触れ、「資金調達や助成金申請などの支援に商議所役職員総力を上げて取り組む。『過去を語るな、未来を語れ』をモットーに頑張りたい」などと決意を述べた。

 

 会には朝山毅奄美市長、田中完県大島支庁長らも出席して来賓あいさつした。開催時間は従来の2時間から1時間に短縮。一つの円卓テーブルに座る人数も昨年の10人から最大4人に減らし、乾杯時以外はマスク着用を徹底、飲み物のお酌も禁止し、それぞれが手酌でコップに注ぐなど異例尽くしの賀詞交歓会となった。