繁華街「屋仁川」の客足減 奄美市名瀬

4月に入り客足が遠のいた屋仁川通り=5日、奄美市名瀬

4月に入り客足が遠のいた屋仁川通り=5日、奄美市名瀬

 新型コロナウイルスの影響が、奄美市名瀬の繁華街「屋仁川」にも現れている。既に団体客のキャンセルが続き休業した店舗が出ているほか、営業中の店舗も「4月に入って客足が激減した。経営に影響が出るのはこれから」と警戒している。

 

 名瀬で飲食店3店舗を経営する男性は「3月中は島外の学生客が多く客が減ったイメージはなかったが、4月は前年の5分の1ほど。大物芸能人がコロナで亡くなったニュースの影響が大きいのでは」と話した。

 

 屋仁川で居酒屋を経営する女性も「送別会、歓迎会、連休と続く3~5月は売り上げが安定する時期だが、4月から予約が来なくなった」と状況を説明し、「安心できるのがいつからなのか分からないのがつらい。休業するとしても融資なしでは1カ月で限界の店も多いと思う」と不安を口にした。

 

 奄美市社交飲食業組合には屋仁川近辺だけで約250店舗が加盟しており、島外からリゾートで来島した女性が接客するバーも複数ある。同組合の伊東隆吉理事長は「感染拡大防止のため今後の状況次第では休業を呼び掛けなければならない事態もあり得る」と懸念を示し、「加盟者には低金利の借り入れ先を紹介するなど対応しているが、従業員、仕入れ元も含めると相当な人数に影響が出る」と危惧していた。

 

 影響は夜の街にとどまらない。名瀬のカフェ経営者は「3月はイベント中止が相次いだ影響で家族連れや休校中の学生などで例年よりにぎわったが、4月は客足がぱったり。今後どうなるか不安」とため息をもらした。