群島内ガソリン120円台も

ガソリン値下げが続いている給油所=16日、奄美市名瀬

ガソリン値下げが続いている給油所=16日、奄美市名瀬

 ガソリン価格が下がり続けている。経済産業省資源エネルギー庁によると、11週連続で値下がりし、12日現在のレギュラーはガソリン1㍑当たり全国平均の店頭販売価格は税込み118・9円。鹿児島県内は同129・5円。南海日日新聞の調べでは、奄美群島内の給油所では17日現在、129・6~164円前後で売られており、「ここ数年で最も安い」と話す関係者や、今後さらなる値下げを予定する給油所もある。移動手段として車が欠かせない島の生活で、消費者からは安値を歓迎する声の一方、「本土と比べると、それでも高い」との指摘もある。