自然遺産と観光を考察 持続可能な仕組みづくりを 経済地理学特別例会 奄美市

世界自然遺産登録と持続可能な観光について講話した深見聡准教授=8日、奄美市名瀬の県大島支庁会議室

世界自然遺産登録と持続可能な観光について講話した深見聡准教授=8日、奄美市名瀬の県大島支庁会議室

 経済地理学会西南支部と関西支部の特別例会が8日、奄美市であった。長崎大学環境科学部の深見聡准教授が「奄美の世界遺産登録と持続可能な観光への展望」の題で講話。「観光から見た世界遺産登録には利点も弊害もあり、受け入れ側と旅行者のどちらにもメリットがなければ継続できない」と指摘した。

 

 講演で深見准教授は、トラブルを防ぐためには現地の自然保護と安全性の確立、住民の生活や風習などさまざまな面での相互理解が必要だとも述べた。その上で「遺産登録の前に地域が主役の観光の在り方を考え、旅行者へ周知することが大切」と強調した。

 

 同学会は経済学と地理学の両軸から観光や地域経済について考察する研究者らで構成。NHK大河ドラマ「西郷どん」の放送や格安航空会社の就航で来島者数が増えていることから、現地の視察を兼ねて今回初めて奄美での例会を実施した。

 

 会員と地域住民ら約30人が参加し、自然環境と住民の暮らしを守りながら旅行者に対して充実した体験を提供できる観光の仕組みづくりについて考えた。

 

 講演の後は「奄美群島の右肩上がりはどこまで続くか? 沸騰している観光需要」のテーマでパネルディスカッションもあり、会員らが意見を交わした。