製糖シーズンスタート

搬入出発式でサトウキビを投入口に投げ入れる関係者=16日、南栄糖業

搬入出発式でサトウキビを投入口に投げ入れる関係者=16日、南栄糖業

 製糖シーズンのトップを切って沖永良部島の南栄糖業㈱(本部輝久社長)が16日、2014~15年期の製糖を始めた。3期ぶりの年内操業となり、生産見込み量は前期実績比2万6678㌧増の7万5459㌧と、大幅な回復が期待されている。