観光振興で産学官が意見交換会

県内の観光振興へ初めて開かれた観光関係者と国会議員、県議らとの意見交換会=2月28日、鹿児島市新照院町

県内の観光振興へ初めて開かれた観光関係者と国会議員、県議らとの意見交換会=2月28日、鹿児島市新照院町

 県内の観光関係者と県選出国会議員、県議会議員らとの意見交換会が2月28日、鹿児島市のホテルで開かれ、各種イベントが予定される今後5年間を鹿児島県観光振興へ向けた追い風と捉え、産学官一体となって国内外への県内観光資源のPR、観光客誘致、受け入れ態勢の充実に取り組む必要性を確認した。県観光連盟(会長・池畑憲一県議会議長)が初めて開催し、国会議員6人、県議6人、国土交通省、鹿児島大学の関係者、同連盟の役員ら約50人が出席した。(鹿児島総局)