赤土新バレイショ「春一番」収穫始まる―徳之島

高値回復に期待が高まる「春一番」の収穫作業=27日、徳之島町

高値回復に期待が高まる「春一番」の収穫作業=27日、徳之島町

 徳之島の2015年産赤土新バレイショ「春一番」の収穫が島内で始まっている。JAあまみの徳之島、天城両事業本部の共販量は約1万200㌧(前期実績1万1042㌧)、販売額は約17億円(同16億5200万円)を見込む。前々期から価格の低迷が続く厳しい状況に、生産者は高値回復に期待を寄せている。両事業本部の今期の共販計画は、徳之島事業本部が収穫面積341㌶、出荷量6200㌧(前期実績333㌶、7005㌧)、天城事業本部が221㌶、4千㌧(同231㌶、4037㌧)。