赤土新バレイショ出荷目標1万㌧へ結束/JA徳之島本部で出発式

「春一番」の共販目標達成を目指し「頑張ろう」を三唱して気勢を上げた出発式=27日、徳之島町

「春一番」の共販目標達成を目指し「頑張ろう」を三唱して気勢を上げた出発式=27日、徳之島町

 徳之島の2018年産赤土新バレイショ「春一番」の出発式が27日、JAあまみ徳之島事業本部であった。JAあまみの徳之島、天城両事業本部の今期共販目標は出荷量1万㌧、販売額20億円。参加者は、ブランド産地の誇りを持って目標達成と定時・定量・定質出荷へ関係機関一丸となって取り組もうと誓った。

 

 出発式は「徳之島地域赤土バレイショ『春一番』連絡協議会」とJAあまみの徳之島、天城両事業本部が主催。生産農家とJA、行政、市場関係者ら約400人が参加した。

 

 今期の共販計画は、▽徳之島事業本部 収穫面積328㌶、出荷量5248㌧(前期実績316㌶、4516㌧)▽天城事業本部 同251㌶、4267㌧(同229㌶、3735㌧)―。

 

 出発式で、徳之島地域赤土バレイショ「春一番」連絡協議会の保岡盛寿会長は「共販体制の強化を図り、部会の力を結集して目標の達成を目指そう」と呼び掛けた。かごしまブランド産地指定証授与があり、県徳之島事務所の瀬戸口寛所長から保岡会長に賞状が贈られた。

 

 JA県経済連と関東、中京の市場関係者は情勢報告で、北海道や長崎県など競合産地の出荷量は昨年より増加していると説明。「前年並みの単価の保障はないが、JAと連携して市場への計画出荷をお願いしたい」と共販量の確保へ生産者の協力を求めた。

 

 参加者の代表がテープカットを行い、全員で「頑張ろう」を三唱して目標達成を誓った。

 研修会があり、県農業開発総合センター徳之島支場園芸土壌研究室の柏木伸哉研究専門員が「ばれいしょの生産安定対策」と題して講演を行った。